RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
僕の音盤青春記 1971-1976
僕の音盤青春記 1971-1976 (JUGEMレビュー »)
牧野 良幸
レコードが輝いていた、あの時代。70'sグッド・ミュージックが織りなす、青春の記録。家族、友人、学校、受験、失恋。そこにはいつも、レコードがあった。岡崎の田舎少年であり、“聴くだけロック”少年だった著者が中学、高校で出会った70年代の音盤の数々を青春の思い出とともに、“超私的”な視点で描くイラスト・エッセイ。
 
作者牧野良幸氏は1958年生まれ、同世代の私にとっては重なり合う所がやたらに多く読んでいて笑ってしまった。
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Music in My Life

ビートルズを主にお気に入りのミュージック&エトセトラ
<< 貴重盤 If You Love Me, Let Me Know | main | 超久しぶり!! >>
『週刊 昭和の「鉄道模型」をつくる』
0
    この手のシリーズモノは創刊号だけ買って2号以降は
    ほとんど買った事がない。

    小学時代。
    鉄道模型(HOゲージ)を親子で集めていた友がいた。
    ケースに大事そうに飾ってあって、父親がいる時だけ走らせて見せてくれた。
    この頃から鉄道ジオラマに憧れて、「欲しい」という欲望はず〜と持ち続けていた。
    だけど、これには参った!!
    初の年間購読に申し込んでしまいました。




    大昔、
    東海道本線の近所に住んでいて、友とEF56や新幹線など写真(モノクロ)を撮って楽しんだ。
    その中でも最大のイベントは「さよなら D51」。
    D51の写真を撮れたのが一番の想い出だ。

    交通博物館

    去年、交通博物館が閉館になった。
    今年10月におおみやに鉄道博物館としてオープンする。
    交通博物館で目玉だった鉄道ジオラマ。たぶん、これ以上の鉄道ジオラマを期待したい。
    余談だが、群馬県横川の「碓氷峠鉄道文化むら」にも鉄道ジオラマが在って結構みごたいがある。


    | こんなの買いました。 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://blog.revolver.main.jp/trackback/548403